17.感染症と手荒れ

新型コロナウイルス感染予防のための手洗いやアルコール消毒の励行で、
手の荒れを感じる女性が7割超にのぼることが、大手化粧品メーカーの調査でわかった。

 

お客様からも、

・手の皮脂が落ちて乾燥するため
スーパーの袋が開かない
・アルコール除菌で手荒れがひどい
・油分がほしい
といった声をよく見聞きするようになりました。

 

手指が荒れた状態だと、傷口にウイルスが残りやすくなるといった指摘もありますので早めのケアをお勧めします。

又、手洗い後は水分をしっかり拭き取らないと乾燥を助長しますので要注意です。

頻繁に手洗いをする今だからこそ
洗浄剤選びは重要ポイントです。

 

[皮膚バリアを壊さない洗浄剤選び]

①合成石鹸は使わない

②純石鹸を選ぶ

③溶解速度(汚れを落とすスピード)の早い石鹸を選ぶ

④保湿成分が豊富に配合されたものを選ぶ

⑤濯ぎが早く、後に成分が残らないものを選ぶ

 

以前のコラムでもお伝えしましたが、

FDAは、殺菌消毒用石鹸と普通の石鹸を比較しても殺菌効果に差がないと発表しました。

 

ですので、安心安全な石鹸で優しく洗い、出先で手洗いが出来ない環境の時だけ手指消毒をする。

そして、皮膚バリア(常在菌)を壊さないクリームやオイルで、ハンドケアをする。

 

以上により、かなりの確率で手荒れは回避できるはずです。

 

 

私たちは洗浄を
「油を落とす」「汚れを落とす」とつい考えてしまいます。

=肌荒れの原因

 

しかし純石鹸は
汚れを落としつつ
いかに「皮脂と常在菌を残すか」
を重視しています。

 

これまで落としすぎていた皮脂がほどよく残っているということが常在菌にとっての心地よさであり

=人肌に優しい

になるから、、

 

****************************************************

合成洗浄剤によるたんぱく変性
手荒れだけにとどまらず、爪もデコボコに!

 

純石鹸フォームで手荒れと爪が復活!

 

 

合成洗浄剤による
肌や髪への影響動画

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KEIKO愛弟子の課題作品をご紹介しております。

****************************************************

★キーワード★

「これまで落としすぎていた○○がほどよく残っているということが常在菌にとっての心地よさであり

=人肌に優しい」

〇○に当てはまるキーワードを

2ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

プラセンタ配合の美白ゼリー(1600円相当)を進呈致します。

岩永恵琴プロフィール

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<美容関係のオーナー様やスタッフの方が直接、KEIKOに肌相談をする事ができます>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<KEIKOビューティーコラム英語版>

1-17. Infections and hand skin trouble

A survey by a major cosmetics manufacturer found that more than 70% of women have skin trouble on hands due to the habit of washing hands and disinfecting with alcohol to prevent the new coronavirus.

We’ve often heard the following comments from customers.

– It becomes hard to open a plastic bag because sebum of hands is taken off and dries out.
– Hands get rough from alcohol sterilization.
– They feel it necessary to need oil.

If your fingers are rough, it’s easier for the virus to get in a wound.

It is recommended to take care of it as soon as possible, because it will be dry out if you don’t wipe it off thoroughly after washing your hands.

Choosing a cleaning agent to wash hands many times is very important for the present pandemic time.

[Choose a cleaning agent that doesn’t break the skin barrier].

1. Don’t choose a synthetic detergent

2. Choose a pure soap.

3. Select a pure soap with fast dissolution speed (speed to remove dirt)

4. Choose a product that is rich in moisturizing ingredients.

5. Choose one that rinses quickly and leaves no surfactant

As I’ve mentioned in previous columns,

The FDA has announced that there is no difference in the sterilization effect between disinfectant soap and ordinary pure soap.

So, wash gently with safe pure soap and disinfect your hands only when you are out where you can not wash your hands.

Then, take care of your hands with creams and oils that don’t break the skin barrier (resident bacteria).

By the above methods, you may be able to avoid skin trouble on hands.

We tend to think of cleaning as “removing oil” or “removing dirt”.

= Cause of skin trouble.

However, pure soap focuses on how to leave the sebum and resident bacteria behind while removing dirt.

The fact means that the sebum removed too much so far can provide comfort to the resident bacteria.

= Friendly to human skin.

It must be…

****************************************************

Protein denaturation by synthetic detergent
Not only skin troubles on hands, but nails are getting bumpy!

Pure soap foam cures skin trouble on hands and nails!

The movie shows the effects of synthetic detergents on skin and hair.

****************************************************