20.善玉菌優位

私は問診時に、便秘の有無を必ず確認します。

これは、腸と肌が相関関係にあるということを認識して頂くためです。

 

毎日排便のある方でも、2から5キロの宿便が溜まっており、
「隠れ便秘」
の原因になっているそうです。

 

昭和50年代中頃までは、
日本人の摂取する栄養バランスはほぼ適切でした。

しかし、その後は崩れっぱなし、、

更に、社会構造や環境の変化による
食習慣の乱れも目立っています。

 

戦後まもない頃の日本人一日あたりの排便の量に対し、
今は半分に減っていると言われています。

便のおおよそ半分は腸内細菌とその死骸が占めてますから、

便が減ったということは腸内細菌の、数も減ったということになります。

腸内に残った食べかすは腐って毒素となり全身を巡りますから、

肌への影響はダイレクトです。

 

また、現代人にとって深刻な重大疾病を始め、認知症やうつ病なども、

詰まって汚れた腸が原因となって起こるようです。

 

日々ご自身の腸内環境を意識して生活
することで、様々なリスクを回避できます。

 

理想的な腸内環境のメカニズムは、、

まず、食物繊維をエサにして腸内細菌が発酵を始める

その発酵物質が腸の蠕動運動を促す

すると、便が腸内に留まる時間が短くなる

善玉菌優位のきれいな腸内環境になる

ここでのポイントは、食物繊維をしっかりとることです!!

 

日々の食事では、
高タンパク、高脂肪の肉料理や油物、乳製品を減らし、

野菜、海産物、味噌、漬物、納豆などの発酵食品を加えた伝統的な日本食にすれば、

腸内細菌の乱れたバランスが回復し、必ず心身共に健康を取り戻すことが出来ます。

 

反対に、不調を生み出す腸内環境は、、

肉、玉子、牛乳、加工食品(添加物)を中心とした戦後の食生活です。

そこに、ストレス、冷え、便秘などが加わると、悪玉菌が一気に増殖し、善玉菌を抑え込みます。

 

すると、、

それまで、善玉菌に味方していた日和見菌までもが悪玉菌に加勢するので、
腸内フローラが一層乱れてしまいます。

 

つまり「腸内が腐敗する」ということは
悪玉菌優位の腸内環境で食物が分解される、ということになります。

ですから、私たちが美と健康を勝ち取りたいのであれば、、

 

「腸内フローラ」を

常に「善玉菌優位」にする

この一点に尽きるのです。

 

****************************************************

今の社会は、私たちを守っくれている菌をみんなやっつけてしまっている!

皮膚常在菌がいるから皮膚が美しく潤うのに
石鹸でゴシゴシ洗う
皮膚常在菌が取れて
角質がバラバラになって
アレルゲンが入ってきて
水分が抜けてカサカサになる…

医学博士  藤田紘一郎

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

*NEW*
KEIKO愛弟子の課題作品をご紹介しております。

****************************************************

★キーワード★

『私たちが美と健康を勝ち取りたいのであれば、、
「腸内フローラ」を常に「〇〇〇優位」する』

〇○に当てはまるキーワードを

2ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

プラセンタ配合の美白ゼリー(1600円相当)を進呈致します。

****************************************************

岩永恵琴プロフィール

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<美容関係のオーナー様やスタッフの方が直接、KEIKOに肌相談をする事ができます>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

<KEIKOビューティーコラム 英語版>

 

1-20. Friendly bacteria predominance


I always check for constipation during a couseling.

This is to help you realize that there is the correlation between the intestines and the skin.

Even if you have a daily defecation, you may have 2kg to 5kg of lodged stool, which causes “hidden constipation”.

Until the mid-1950s, the nutritional balance of Japanese people was mostly good.

After that, however, the balance began to break down gradually, and disordered eating habits due to changes in social life.

It is said that the amount of defecation per day in Japan is reduced to half of what it was just after the war.

Roughly half of the stool is composed of the residental bacteria and their carcasses, so a decrease in the number of stools means that the bacteria in the intestines have been decreased.

The food residue left in the intestines rots and circulates throughout the body as toxins, which have a direct effect on the skin.

In addition, improper intestinal environment is the cause of many serious diseases, such as dementia and depression.

By living in awareness of your own intestinal environment on a daily basis, you can avoid a variety of risks.

The good intestinal environment mechanism is as follows

The residental bacteria feed on dietary fiber and begin to ferment

Its fermented substances stimulate intestinal peristalsis.

Stool don’t stays in the intestines long time.

A clean intestinal environment with a predominance of good bacteria

The key of this topic is to make sure you’re getting enough fiber in your diet!

The daily diet should include a reduction in high-protein, high-fat meat, oil and dairy products, vegetables, seafood, miso and A traditional Japanese diet with fermented foods such as pickles and fermented soybeans can help restore the balance of bacteria in the intestines. In addition, you can always regain your physical and mental health.

On the contrary, the environment in the intestines that cause bad health is the result of the post-war era’s focus on meat, eggs, milk, and processed foods (additives).

And also, if you get stress, cold, constipation, etc, the bad bacteria multiply at once and suppress the good bacteria.

Then, even the opportunistic bacteria, which had been on the side of the good bacteria, join the bad bacteria, and as the result the flora becomes even more disturbed.

In other words, “putrefaction in the intestines” means that food is broken down in the intestinal environment with a predominance of bad bacteria.


Therefore, if we want to win beauty and health, we need to make sure that our intestinal flora is always “predominantly good bacteria”.  That’s all.

*****************************

Today’s society has destroyed all the germs protecting us!

The presence of the residental bacteria on the skin that makes the skin beautiful and moisturizing, but we are,

Scrubing with soap and water
Removing the residental bacteria
Destroying the keratin
And allergens came into the skin
Then the skin is dried out and becomes rough…

Dr. Koichiro Fujita, MD

****************************************************