3. 健康な肌と脳の関わり

私達が目指すのは肌の健全化

肌が健康でなければ、美しさは語れません。

子供の頃、海で真っ黒に日焼けしてもシミはできませんでした。

寒風の中でもクリームは要りませんでした。

理由は単純で
肌が自分の役割をキッチリ果たしていたからです。

しかし大人になるとそうも行きません。
二十歳をピークに死ぬ日まで様々な機能が下降の一途を辿ります。
肌も例外ではありません。

しかも、今は高校時代からドラックストアや100均の安価なメイク用品を日常使いし、二十歳でシミ化、しかもADMにまで進行している始末、

要するに肌年齢が確実に進んでしまっているということです。

20年前と比較して、少なくとも5歳〜10歳は実年齢より老化しています。

若気の至りとはいえ

そこからの人生、365日鏡を見る度にシミが目に飛び込み、悩ましい日々を体験するハメになるのです。

本来の20代は未だ健全な肌を保っていてもおかしくないハズ
余計な事をしなければ、、ですが…

この「余計なこと」が厄介で
美しさの為なら努力を惜しまない のが女性の心理。

良かれと思い、時間と費用をかけたものの、残念な結果に…と

このパターンが非常に多い

方程式のように確実な法則と答えがあるなら苦労はしませんよね?

しかし、人は一人ひとり違うのです。

性格も、嗜好も、体質も、思考も、反応も、行動パターンも、習慣も…

これら全てが「その人」であり
生態のメカニズムも少しずつ変化していくのです。

大切なのは、自分に合う、合わない
であり、どんなに素晴らしいものでも、合わないものは受け入れ難いのです。

素直に受け入れられたものは身になり成果も早いです。
食べ物、薬、成分等、又営みにも当てはまります。

この対局にあるのが拒絶反応です。
これは最悪で、手も足も出ません。
極度に様々なバランスを崩します。

私は、これらを「脳の反応」と表現します。

どんなに素晴らしい成分でも、その人の「脳の反応」次第で、毒にも薬にもなるのですから…

人間とはことごとく厄介な生き物であると言えます。

敵も味方も「脳」

自分の脳を味方にし、健康で美しい肌を目指したいものです。

健全な肌環境には
何が必要で
何が必要でないか…

次回からは、その辺を踏まえ、具体的に説明していきたいと思います。

******************************************

肌の健全化 菌バランスを崩した症例

<ご本人からのコメント>

通りすがりのおじさんに汚い顔だねと言われショックでした。
勇気を出してサロンへ行きました。

******************************************

★今週のキーワード★

「敵も味方も○です」

○に当てはまるキーワードを

2月末までに店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

水素灸1つ(1100円相当)を進呈致します。

岩永恵琴プロフィール

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KEIKOビューティーコラム英語版

1-3. About the skin

Our goal is to make the skin healthy.

But we can not express the beauty of us unless the skin is healthy.

When we were kids, we didn’t have a spot even after having a black tan in the sea.

I didn’t need moisturizing cream in the cold winter.

The reason is simple.
Because the skin worked well.

However, it becomes more difficult for adults.
The skin of twenty years old is in the best condition, but various functions continue to fall by the day of death.
Skin is also no exception.

We tend to use cheap cosmetics from drugstores or one dollar shops every day since high school days. From twenties, we begin to have spots and it’s even progressing to ADM.
In other words, it means skin age is also surely progressing.

Compared to twenties, we looked at least 5-10 years older than our real age.

Despite the ignorance of youth, in the rest of your life, you will have to spend an annoying day looking at spots every time you look in the mirror on 365 days.

As long as you are in your twenties, you must be able to keep your skin healthy.
Unless you do extra unnecessary works…

This “unnecessary work” is the problem.

Women naturally do their best for beauty, but if they believe the unnecessary work is a good thing, and spend a lot of time and money, it causes a disappointing result.

If you have real methods and answers like equations, you don’t have any trouble, do you?

But each of us is a different person.

Personality, taste, constitution, thinking, reaction, behavioral pattern, habits…

We have our own “Personarity” in all of these.
The ecological mechanism is also gradually being changed.

The important thing is whether it suits you or not.
No matter how wonderful, your body will not accept anything that does not fit.
But if it is accepted smoothly to our body, we can feel result quickly.
It is also applied to food, medicines, ingredients, and life practices.

And the other end of it is a rejection.
This is the worst case we can not resist.
It extremely destroys our healthy balances.

I describe it as “brain response”.

No matter how wonderful ingredients, they can become poisons and medicines depending on the “brain response” of the person…

Humans are very complex and difficult creatures.

The brain is both an enemy and a friend.

We need to aim for healthy and beautiful skin with our brain as a friend.

What is needed and what is not needed for a healthy skin environment…

From the next column, I would like to explain about that in detail.

▼Skin health control : A case of lost of bacterial balance

I was shocked when my passing man told me my skin was dirty.
Then I visited the salon with courage.