56.食育の原点

吉祥寺に、全国から多くの患者が訪れる小児科がある。
その小児科には、薬を出さず、注射も打たない自然流育児で有名な医師がいる。

 

これは、あるメディアが紹介した真弓先生の記事のくだりです。

 

真弓定夫先生は、1974年に真弓小児科を開院され、約45年間独自の診療スタイルで、全国からの来院患者を受け入れておられました。

 

独自の診療スタイルとは、、

「薬を出さない、注射を打たない」というもので、
薬や注射はあくまでも対症療法に過ぎない。
大切なのは、病気にならない体づくりである。

病気は薬で治すのではなく、生活指導を中心に病気を治すべきである。

 

その辺りの話を、一人の患者に対し40〜50分かけて丁寧にレクチャーするのです。

時折、お叱りを受けるママたちもおりますが、
なんと、4代続けて来られているかたもいらっしゃるようです。

 

当初、全国からの来院者は一日70人。
その一人ひとりにしっかり話をするのですから、当然一日の診療時間は長くなります。

 

年齢と共に体力の限界もある中、現役の81歳の時には、94歳までの公演依頼が決まっていました。

出版書籍も多数、更に子供からお年寄りにもわかりやすく、食の大切さ、生活の中の沢山の危険について等を、
マンガ冊子にて広めています。

 

ご自身の生涯を患者の真の健康の為に費やして来られた功績は、

2003年に社会文化功労賞として讃えられました。

 

私の食育の原点は「真弓塾」で学んだこと、

その辺りを数回に分けてお伝えしたいと思います。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*NEW*
KEIKO愛弟子の課題作品をご紹介しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★キーワード★

『大切なのは、病気にならない〇〇〇〇である。』

 

○○に当てはまるキーワードを1ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

プラセンジュエリー1つ(800円相当)を進呈致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<岩永恵琴プロフィール>

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

<美容関係のオーナー様やスタッフの方が直接、KEIKOに肌相談をする事ができます>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー