96.肌の機能で考える

  • 2022年5月17日
  • 未分類

肌を考えるうえで重要なキーワードは
「汗」と「皮脂」です。

皮膚は汗と皮脂を分泌して「皮脂膜」を作り、
この皮脂膜が肌を守っています。

そして、、

皮脂膜=常在菌

 

「潤いのある肌」とは皮脂をよく分泌している肌だと思われがちですが、それは違います。

健康な肌は、皮脂の分泌で潤っているのではなく、
肌の上に住む微生物が元気に働いているから潤っているのです。

健康な肌を保つために必要なのは、

・アミノ酸(タンパク質)
・脂質
・糖質
・ミネラル
・ビタミン

そして、常在菌です。

 

これらが驚くべき連携プレーを果たすことで、
皮膚の健康維持が成り立っていますので、
いずれも欠かすことはできません。

ところが、肌の上に残るような保湿成分を与えすぎると、
肌は皮脂が生産されていると勘違いし、
本来の皮脂生産を減らしてしまいます。

すると常在菌も減少し、肌の保湿システムが更に弱くなる、という

負の連鎖がおこります。

 

肌本来の保湿システムを回復するために必要なのは、

「皮脂の生産」「常在菌の育成」です。

 

ですから、テクスチャー重視のスキンケアは、

肌にとってはナンセンスなのです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*NEW*
KEIKO愛弟子の課題作品をご紹介しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★キーワード★

「肌本来の保湿システムを回復するために必要なのは、「〇〇の〇〇」と「常在菌の育成」です。」

 

○○に当てはまるキーワードを1ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

プラセンコンク(400円相当)を進呈いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<岩永恵琴プロフィール>

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

<美容関係のオーナー様やスタッフの方が直接、KEIKOに肌相談をする事ができます>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー