6.「肌質」について

カウセリングシートのチェック項目に肌質欄があります。

そこで、お客様が自身の肌タイプをどのように認識しているのか、、を見てみると、

乾燥肌にマルをつける方が圧倒的に多いです。

次に敏感肌

そして、、
何らかにアレルギーをお持ちの方がほとんどですが、

自称、乾燥肌は
乾燥肌ではないことが多いです。

 

乾燥肌にも様々なパターンがあります。

乾きの原因が、、

肌質なのか
紫外線なのか
空調なのか
アルコールの強い化粧品なのか
水分不足なのか
合成成分の影響なのか
肌の機能不全なのか
肌上の菌バランスを崩しているのか

 

先ずは、原因を究明しなければなりませんが

かなり多くの方が「乾燥肌という幻想」に陥っています。

肌は30%〜40%の水分を保持していますが、10%を下回ると角質層は柔軟性を失い、シワや肌荒れの原因となります。

乾燥肌と思い込んでいる人たちの肌は、

水がなくても違和感を感じないほどの保湿剤で肌を騙している状態です。

 

先日、30歳の方が、「どれだけ保湿しても乾きが止まらない。
仕方ないから、ニベアを顔にタップリ塗ってる」と言われてました。

年齢からみても、先が思いやられ、「対症療法に頼らず、早い段階で肌の健全化を目指すべき」とアドバイスしました。

肌をしっとりさせるためには、保湿成分をたっぷり塗る、と多くの方が思い込んでいます。

しかし、保湿成分に頼り過ぎた肌は、確実に皮脂生産機能が低下します。
それによって、自称「乾燥肌」になっている方が後を絶ちません。

 

世の中には多くの保湿クリーム、保湿方法があるのにもかかわらず、はっきりした答えが巷にはありません。

特に、敏感肌、乾燥肌、アトピーを抱えた人たちにとって、信頼できる基本的な考えはあるのでしょうか。

 

疑問は尽きませんが、、、

少なくとも、巷の常識と思われている化粧品学や、メーカーの肌理論はあてになりません。

そこで、是非皆さまに知って頂きたいスキンケアの基本は

「常在菌」
「ミネラル」
「保湿」
「洗顔」

そして、、
私達の肌を守る「陰の立役者」である「脂肪酸」の存在です。

これらを意識し、肌のメカニズムに忠実に従えば、肌トラブルは高い確率で回避出来ますし、
長年、負のスパイラルに苦しむこともなくなります。

健全で美しい肌は私達の宝です。

 

間違った認識、間違ったお手入れは時間と費用のムダです。

では、具体的に、肌を甘やかさずに肌をしっとりさせるにはどうしたらよいのか??

次回はその辺りをテーマに!

*****************************************

乾燥性湿疹
毎年乾燥する季節は保湿を強化しても止まらない乾燥と痒み。その後現れるお決まりの湿疹。
まさに乾燥スパイラルです。
その脱却法は「保湿サイクル」をつくる!
詳しくは次回のコラムで!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★今週のキーワード★

「私達の肌を守る、陰の立役者は〇〇〇」

○に当てはまるキーワードを

1ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

水素灸1つ(1100円相当)を進呈致します。

岩永恵琴プロフィール

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KEIKOビューティーコラム英語版

 

1-6. About skin type

There is an entry field for skin type in the questionnaire on a counseling sheet.

Then, looking at how customers perceive their skin type, the most common answer is dry skin.

Next is sensitive skin.

And most of people have some allergies.

However, there are many self-proclaimed dry skin people who are not dry skin.

There are various patterns of dry skin.

The causes of dry skin are,

Skin quality?
Ultraviolet light?
Air conditioning?
Cosmetics with strong alcohol?
Short of moisturizing?
Influence by synthetic components?
Skin malfunctioning?
Balance of Bacterial flora on skin?
etc

First, we need to find out the cause,

Quite a few are falling into the “illusion of dry skin.”

Skin contains 30% to 40% of water, but below 10% the stratum corneum loses its flexibility, causing wrinkles and rough skin.

The dry skin that people misunderstand is cheated itself of uncomfortable skin with too much moisturizer even without water.

On the other day, a 30-year-old client told me, “No matter how much moisture I keep, drying won’t stop. Then I can’t help relying on too much Nivea for my face.”

Even her young age, I was anxious and gave her advice that “you should aim for healthy skin at an early stage without symptomatic treatment.”

Many people believe that moisturizing ingredients should be applied to moisturize the skin.

However, skin that relies too much on moisturizer will definitely reduce sebum production.
As a result, self-proclaimed “dry skin” people will increase as ever.

Despite the many moisturizing creams and moisturizing methods out there, there is no clear answer.

Is there a fundamental idea you can trust, especially for people who have sensitive, dry, or atopic skin?

We are still confused,

but at the very least, we can’t rely on trend cosmetics and skin theory, which are believed as common sense.

Therefore, the basics of skin care methods that I want everyone to know

“Resident bacterial flora”
“Minerals”
“Water baced moisturizing”
“Face washing”

And,
It is the presence of “fatty acids” as the “third key player” that protect our skin.

If you are aware of these facters and follow the skin mechanism faithfully, skin troubles can be avoided with a high probability,
You won’t suffer long-term negative spirals.

Healthy and beautiful skin is our treasure.

Wrong recognition, wrong care is a waste of time and money.

So how do you moisturize your skin without overprotecting?

Next time around the theme!

*****************************************

Dry eczema
In the season of dryness every year, dryness and itching that cannot be stopped even if the moisturizing is strengthened. The usual eczema that appears afterwards.
It is a dry spiral.
The escape method creates a “moisturizing cycle”!
See the next column for details!