40.眠りの化学

 

情報の洪水とストレスに晒され、健康的な眠りを得ることが難しくなっている現代人。

最近様々な媒体で、睡眠に関する記事が増えてきたような気がします。

「睡眠は長さより質が大事」
「眠いときに眠れ」
などなど、睡眠に関するアドバイスは様々です。

 

2017年にアメリカで出版されベストセラーにもなった

『Why We Sleep: Unlocking the Power of Sleep and Dreams(和訳:睡眠こそ最強の解決策である)』は、
睡眠の力について書かれています。

これは、カリフォルニア大学バークレー校の教授で睡眠を研究する、
マシュー・ウォーカーさんがこれまでの研究結果をまとめたもので、

その中に、睡眠の質を高める方法が書かれてありましたのでご紹介したいと思います。

 

 

まず、睡眠研究者が8時間睡眠を死守する理由としましては、

注目すべきは、レム睡眠とノンレム睡眠の割合が、
睡眠の初め(深夜)と終わり(早朝)では変化するという事実です。

 

レム睡眠は夢を見る状態、
ノンレム睡眠は脳が休息している状態で、
寝ている間の脳はこのサイクルを繰り返しています。

 

研究によると、朝に近くなるほど、夢を見るレム睡眠の割合が多くなるようです。

ですから、目覚めたときに覚えている夢は起きる直前まで見ていたような気がするんですね。

 

このレム睡眠とノンレム睡眠のバランスを取るには、
7~8時間続けて寝なければなりません。

 

だからこそ、「睡眠時間は8時間を死守する」とウォーカー博士はいいます。

 

睡眠不足が心身に与えるさまざまな悪影響(しかも通常は自覚がほとんどありません)は

「あとから寝だめしても帳消しにはできない」と

6時間以下の睡眠には警鐘を鳴らしています。

 

万年不眠症の私には、耳が痛いはなしですが…

これまでの人生で、睡眠を後回しにしてきたツケが来ないよう、
日々の睡眠に意識を向けていきたいものです。

 

 

次回は、睡眠研究者が推奨する
質の良い睡眠の鉄則について…

 

****************************************************

眠りのメカニズムを知って睡眠の質を高めよう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*NEW*
KEIKO愛弟子の課題作品をご紹介しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★キーワード★

『睡眠時間は〇〇〇を死守する

○○に当てはまるキーワードを1ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

ポイント200円相当を進呈致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<岩永恵琴プロフィール>

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

<美容関係のオーナー様やスタッフの方が直接、KEIKOに肌相談をする事ができます>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<KEIKOビューティーコラム英語版>

 

1-40. The Chemistry of Sleep

 

People today are in trouble with tons of information and stress, making it difficult to get a healthy sleep.

Recently there have been an increasing number of articles about sleep on various journals.

“Sleep is more about quality than length.”

“Sleep when you’re sleepy.”

There is a wide range of advice on sleep.

“Why We Sleep: Unlocking the Power of Sleep and Dreams”, which was published in the US in 2017 and became a best-seller, is about the power of sleep.

Matthew Walker, a professor at the University of California, Berkeley, who studies sleep, summarizes the results of his previous research.

In it, he described how to improve the quality of sleep.

First, sleep researchers recommend eight hours of sleep.

The reason for this is that the ratio of REM and non-REM sleep changes at the beginning (late night) and end (early morning) of sleep.

REM sleep is a dreaming state and non-REM sleep is a state in which the brain is resting, and the brain repeats this cycle while you sleep.

Studies show that the closer morning, the percentage of REM sleep is increased.

Therefore, the dreams you remember when you wake up are the dreams you were having just before you woke up.

In order to balance this REM and non-REM sleep, you have to sleep for 7-8 hours.

That’s why, Dr. Walker says, “Eight hours of sleep is necessary.”

There are many negative effects that lack of sleep can have on the body and mind, and usually you’re barely aware of them.

He warns against getting less than six hours of sleep because “sleeping in batches later doesn’t cancel out the fatigue.”

As a perpetual insomniac, this is very serious facts for me, too…

We want to be conscious of our daily sleep so that we don’t let the accumulation of a lack of sleep in our lives destroy our bodies.

In next article, I’ll introduce the basic rules of good sleep as recommended by sleep researchers…

****************************************************

Let’s learn sleep mechanism to improve the quality of our sleep!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー