12.常在菌の維持管理という課題

我々は毎日必ずと言っていい程、お風呂に入ります。

そこで、当然ながら体を洗います。
しかしそれは、私たちの「守り人」である、常在菌を洗い流してしまうということでもあります。

実際にお風呂に入り、体を洗うと、常在菌の半数以上が失われます。

洗浄能力の強い合成界面活性剤を使用した場合、
ほぼ全滅することさえあります。

我々の体はタンパク質で出来ていますが、
合成洗剤を使用するとタンパク変性を起こし、細胞を破壊すると言われてます。

又、残留性も高く、肝臓、脾臓、肺、脳などに入り、ほとんど排泄されない
という恐ろし問題にまで発展します。

 

CMでは、殺菌消毒用の石鹸で手を清潔にしましょう
と宣伝してますが、その行為事態、

菌たちにとっては驚異そのものです。

FDAは19種類の殺菌剤を含有する石鹸などの販売を禁止し、免疫に悪影響を及ぼすと警鐘を鳴らしました。

更に、殺菌消毒用石鹸と普通の石鹸を比較しても、殺菌効果には差がないというのです。

体に悪く、効果もないとはいかがなものか…

私は40年も前から、全身を洗う洗浄剤には
真剣にこだわってきました。

毎日何で洗うかが
私たちの守り人(菌たち)の
存続に関わる重要課題だからです。

洗浄剤の選択のポイントは、菌たちが安心して受け入れてくれる洗浄成分です。

今コロナウィルス対策として、手指の殺菌消毒などを訴えていますが
感染を防ぐことを優先するあまり、
私たちの「守り人」である常在菌にダメージを与えているのも事実です。

FDAの見解から学ぶとするならば、
常在菌にダメージを与えない石鹸でしっかり洗浄するほうが良いですし、

除菌はほどほどにして、自身の免疫力をアップし、ウィルスに負けない体づくりに意識を向ける方が得策ではないでしょうか。

 

******************************************

合成洗剤の影響による肌荒れ

合成洗剤は『高い毒性・高い浸透性・高い残留性』があり、有害な物質から守ってくれる「肌バリア」を壊し、体内へ浸透し、血液中にも入り込み、全身に運ばれます
肌荒れ・アトピー・かぶれ等の肌トラブルの要因や
肝臓障害・発がん性もあるといわれています

 

******************************************

★キーワード★

「合成洗剤を使用するとたんぱく質変性を起こし、〇〇を破壊すると言われている

○に当てはまるキーワードを

1ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

プラセンタ配合の美白ゼリー(1600円相当)を進呈致します。

岩永恵琴プロフィール

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<美容関係のオーナー様やスタッフの方が直接、KEIKOに肌相談をする事ができます>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KEIKOビューティーコラム英語版

1-12. Maintaining residental bacteria

We’re taking a bath every day.

This means that we wash our bodies.
However, at that time, washing away the indigenous bacteria that are our “protectors”.

In fact, when we take a bath and wash our body, we lose more than half of our redidental bacteria.

They can even be nearly wiped out when synthetic surfactants with strong cleaning power are used.

Our body is made with proteins, but it is said that synthetic detergents cause protein denaturation and destroy cells.

It is also highly persistent, entering the liver, spleen, lungs, and brain and developing into a dreaded problem where it is almost never excreted.

In pubric commercial, these advertise that we should clean our hands with soap for sterilization and disinfection, but the residental bacteria can be dameged by the act.

The FDA has banned the sale of soaps and other products containing 19 different disinfectants, warning that they could adversely affect immunity.

Furthermore, there is no difference in the sterilizing effect when comparing disinfectant soap with ordinary soap.

We are confused such the bad facts for our health and no effect…

I’ve been very curious about cleansers for full-body in this 40 years.

This is because the detergent that we use every day is very important issue for the maintenance of our guardians (bacteria).

The key to choosing a cleaning agent is the cleaning ingredients that the bacteria can accept safely.

While we advocate disinfecting our hands as a countermeasure to the coronavirus, it is also true that when we prioritize preventing infection, we are doing damage to our “guardians”, the residental bacteria.

According to the FDA, it is better to clean thoroughly with ordinaly soap that does not damage the redidental bacteria.

It is advisable to take sanitization moderately and focus on improving your own immunity and building a body that does not succumb to viruses.

******************************************

Rough skin due to the effects of synthetic detergents

Synthetic detergent has high toxicity, high penetration, and high residue, and it breaks the “skin barrier” that protects from harmful substances, penetrates into the body, enters the blood, and is carried throughout the body.
It is said to be a cause of skin problems such as rough skin, atopy, rash, liver damage, and carcinogenicity.