21.DNA損傷リスク

紫外線の遺伝子への悪影響は、
大変大きなものです。

遺伝子は、直径が1nm(ナノメートル)くらいの糸です。

ここに、宇宙から様々な電磁波が降り注いでいます。

 

この電磁波の中で、波長が短いものが、
・ガンマ(放射線)
・x線
・紫外線です

これらは遺伝子の長さに近い上、短時間に繰り返し衝突するため、

遺伝子に傷をつけることができます。

 

上の図のように紫外線によって傷ついた遺伝子は、間違ったタンパク質や細胞を作り出します。

これが体のメカニズムを狂わせたり、
ガン細胞を生み出したりします。

 

この短い電磁波を吸収してくれるのが、

・上空にあるオゾン層
・空気中の水分
・汗
・古い角質層
・酸化チタン
・酸化亜鉛

 

紫外線から私たちの肌を守るために使用される紫外線吸収剤は

酸化チタンと酸化亜鉛です。

ルチル型酸化チタンは
(肌の奥の真皮にまで侵入するUV-A波をカットする)

酸化亜鉛は
(表皮に炎症を起こすUV-B波をカットする)

 

UVケア効果の指標としては

[SPF]が主に(UVB)への効果を

[PA]が主に(UVA)への効果を表しますが

業界ではこの[SPF]と[PA]の数値をいかに上げるかが注目されがちです。

 

その一方で高すぎる数値に警鐘をならす指摘もあります。

なぜなら、多すぎる紫外線吸収剤は、乾燥を早めたり、肌の油分を取りすぎることもあるからです。

実際に私自身も、SPF20以上の日焼け止めを使用すると、必ず肌荒れを起こします。
というより、被れます!

 

お客様の中でも最近はこのような方が増えており、

紫外線の影響を考えればしっかり防御したいものですが、

「数値の高いUVカット剤」には十分に注意しなければなりません。

 

SPF20相当の紫外線吸収剤でも、紫外線カット率は90%ほど確保できますから

あとは日傘などを併用しつつ

なるべく肌への負担が少ないUVケアを心がけて頂きたいと思います。

 

問題は、アウトドアや野外スポーツ

つい紫外線の影響を意識するあまり

無闇に「SPFの高いUVカット剤」を使用しがちです。

 

そのような日は、帰宅後直ぐにクレンジングでしっかり落とし、肌に残さないよう注意が必要です。

いずれにしても、、

「紫外線のリスク回避」と
「肌への安全性」を

「充分に考慮した日焼け止め」
との出会いが、、

その後の私たちの肌を運命づける

重要ポイントになりそうです!

 

 

****************************************************

賢くUV対策をするために…

是非下記の動画をご覧ください

情報源 ABC-TV, FDA
翻訳 尾池博士

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*NEW*
KEIKO愛弟子の課題作品をご紹介しております。

****************************************************

★キーワード★

「多すぎる紫外線吸収剤は、乾燥を早めたり、肌の○○を取りすぎることもあるからです」

○○に当てはまるキーワード2ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

プラセンタ配合の美白ゼリー(1600円相当)を進呈致します。

****************************************************

岩永恵琴プロフィール

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<美容関係のオーナー様やスタッフの方が直接、KEIKOに肌相談をする事ができます>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

<KEIKOビューティーコラム 英語版>

 

1-21.Risk of DNA damage

The negative effects of ultraviolet light on DNAs are very significant.

Diameter of a DNA is about 1 nano meter.

And various electromagnetic waves are falling to the DNAS from space.

 

 

Short range waves in the electromagnetic waves are,

– Gamma ray
– X-ray
– UV light.

 

Because they are close to the size of a DNA and injure repeatedly to DNA in a short time, they can damage DNAs.

 

 

 

 

 

DNAs damaged by UV light as shown above produce the wrong proteins and cells.

This can disrupt the body’s mechanisms and create cancer cells.

 

 

These short range electromagnetic waves are absorbed by

– Ozone layer
– Moisture in the air
– Sweat
– Dead skin layer
– Titanium oxide
– Zinc oxide

 

 

The UV absorbers used to protect our skin from UV rays are titanium dioxide and zinc oxide.

 

Rutile titanium dioxide:
Blocks UV-A waves that penetrate deep into the dermis of skin

Zinc oxide:
Cut down on UV-B waves that can cause inflammation of the epidermis

 

There are two indicators of UV care effect as follows,

[SPF]: Mainly effect for UVB

[PA]: Mainly effect for UVA

 

The skin care industry tends to focus on how to raise these [SPF] and [PA] values.

On the other hand, there are also warnings about too high UV absorber, because too much of a UV absorber can dry out the skin and remove oil from the skin.

In fact, I myself always get skin rough when I use a sunscreen with SPF 20 or higher.
Or rather, I get irritation!

 

 

More and more of our customers are like this these days.

We really want to make sure the protection of UV light, but at the same time, we have to be very careful with “Too high value UV absorber”.

 

 

Even SPF 20 UV absorber can provide about 90% UV protection.

And then a parasol is useful for additional care of your skin with as little strain as possible. I

The biggest problem is the outdoor activities. We tend to be too conscious of the effects of UV rays and use high SPF products.

 

 

We need to cleanse our skin immediately after you get home and make sure don’t leave any powder on our skin.

Anyway…

We have to find a sunscreen that considers the both of “UV risk free” and “safe for skin”. It’s going to be a good balance in our skin life all the time!

 

 

****************************************

For smart UV protection…

Please watch the video below.

Sources: ABC-TV, FDA
Translated by Dr. Oike

 

****************************************************