30.目指すは「ゆるがない肌」

年々肌トラブルが急増しています。

肌荒れ、にきび、吹き出物、etc
このほとんどが、皮膚常在菌の減少とバランスの崩れによるトラブルの慢性化です。

日々の間違ったスキンケアにより深刻化し、
薬で解決することで、更に菌が失われ、バランスが乱れる。

早く綺麗になりたいが故に、あれこれと涙ぐましい努力をしても一向に解決はしません。
そもそも、弱った肌にむやみに栄養を与えることは逆効果なのです。

そこで、このような肌の救世主として浮上するのが

「プロピオン酸菌!」

彼らは、私たちの肌を守る 、「主役成分」です。

プロピオン酸菌は
私たちの肌上で、
私たちの皮脂を分解し、

プロピオン酸とグリセリンという
「保湿成分」を作りだします。

皮膚は、油である皮脂だけではみずみずしい肌にはなりません。

このプロピオン酸菌が、つくりだす
プロピオン酸とグリセリンは
油にも水にも馴染む「特殊成分」で、

まず、皮脂とともに皮膚に薄く広がります。

そして同時に保水性を発揮し、
水を吸着し、
皮膚をみずみずしい状態に保ちます。

実はこれ、、
以外と知られていない皮膚の保湿機能です!!

つまり、皮脂をプロピオン酸菌が分解しなければ
みずみずしい肌の維持はできないのです。

更に、プロピオン酸は皮膚を適度な弱酸性にして、
他の都合の悪い菌やウイルスの繁殖を防いでいます。

保湿しても保湿しても足りない肌や、
間違ったお手入れにより最終薬にまで行き着いた肌には、

プロピオン酸菌を増やすことが先決です!

では、どうしたらプロピオン酸菌は増えるのでしょう?

私たちは、真剣に皮膚常在菌の育成を考えました。
そして、試行錯誤の上に誕生したのが

微生物培養クリーム!!

プロピオン酸菌が優勢に繁殖できる栄養素を配合したクリームです。

開発メンバーは、皮膚常在菌に精通した博士と大学のアレルギー研究チーム

プロピオン酸菌を育成、培養して、環境に負けない肌づくりをする。

プロピオン酸菌が元気な肌は、
まさに、私たちが理想とする、
「ゆるぎのない肌」
、、、なのであります。

****************************************************

唇でもしっかり増えた
プロピオン酸菌 実験動画。
プリプリ唇になる!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*NEW*
KEIKO愛弟子の課題作品をご紹介しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★キーワード★

『○○○○○○○が元気な肌は、まさに、私たちが理想とする、「ゆるぎのない肌」』

○○に当てはまるキーワードを1ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

ポイント300円相当を進呈致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<岩永恵琴プロフィール>

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

<美容関係のオーナー様やスタッフの方が直接、KEIKOに肌相談をする事ができます>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<KEIKOビューティーコラム英語版>

1-30. Aim for tough skin

Skin problems are increasing every year.

Rough skin, acne, pimples, etc.
Most of this is the normalization of the problem due to the decrease and imbalance of the skin’s residental bacteria.

It is aggravated by wrong skin care on a daily basis and solved by medication, which causes further loss of bacteria and disruption of the balance.

Even if you try desperately to get cleaned up quickly, the wrong way will not solve the problem at all.
To begin with, unnecessarily nourishing weak skin is counterproductive.

So, this is the savior of such skin troubles.

Propionibacteria!

They are the “main player” that protect our skin.

Propionibacteria break down the sebum on our skin and produce the propionic acid and glycerin
It produces a “moisturizer”.

The skin does not become fresh by only using sebum, which is oil.

The propionic acid and glycerin produced by the propionibacteria are special ingredients that can blend in with both oil and water.

They spread thinly on the skin along with the sebum, and at the same time, they have a water-retaining effect, absorbing water and keeping the skin fresh.

In fact, this is a little-known function of skin moisture retention!

In other words, sebum must be broken down by propionibacteria to maintain fresh skin.

Furthermore, propionic acid makes the skin moderately weakly acidic, preventing the growth of other inconvenient bacteria and viruses.

If our skin isn’t moisturized enough or has ended up in pharmaceuticals due to improper care, increasing propionic acid bacteria is the way to go!

So how can propionibacteria increase?

We seriously considered the cultivation of the skin indigenous bacteria.
And the one that was born through trial and error is

Microbial culture cream!

This cream contains nutrients that allow propionibacteria to grow predominantly.

Members of the development team are a doctor and university allergy research team with expertise in skin indigenous bacteria

<It’s great because it really does increase the amount of residental bacteria! >

We grow and cultivate the propionibacteria, and make the skin that is not defeated by the external environment.

The skin where the propionibacteria are healthy is exactly the “Tough skin” as our ideal.

****************************************************

Residental bacteria increasing on my lips.
Propionibacteria Experiment Video.
Let’s get fresh and juicy lips!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー