38.肌の衰えについて

ターンオーバー(皮膚の新陳代謝システム)が遅くなると、肌老化が加速します。

ここで改めて、肌老化の仕組みとEGFの重要性についてのおさらいです。

 

ー肌老化の仕組みー

私たちの皮膚は約45日間のサイクルで新しくなります。
これをターンオーバー時間と呼びます。

新しい皮膚は表皮のもっとも深い層(基底層)で生まれ、
その「娘細胞」は形を変えながら表面の角質層に到達し、
最後は垢として脱落します。

ターンオーバー時間は年齢を重ねる毎に遅くなります。

 

 

ーEGFの必要性ー

この「娘細胞」を作るために基底細胞はさまざまな「生理活性物質」を必要とします。

その中で最も重要なファクターが上皮成長因子「EGF」です。

このEGFが年齢と共に減少し、肌の衰えにつながるのです。

 

ですので、積極的にEGFを補うことは、
肌老化にブレーキをかけると共にアンチエイジングには欠かせません。

 

年齢と共に加速する肌老化にとっての
「EGF」の効果性と重要度
お解り頂けましたでしょうか。

 

繰り返しますが、、

この「EGF」あくまでも活性力が要ですので、活きていなければ意味がありません!

次回は更に詳しく…

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*NEW*
KEIKO愛弟子の課題作品をご紹介しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★キーワード★

『積極的にEGFを補うことは、肌老化にブレーキをかけると共に〇〇〇〇〇〇〇〇には欠かせません。

○○に当てはまるキーワードを1ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

ポイント200円相当を進呈致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<岩永恵琴プロフィール>

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

<美容関係のオーナー様やスタッフの方が直接、KEIKOに肌相談をする事ができます>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<KEIKOビューティーコラム英語版>

 

1-38. Skin aging

 

When the turnover (the skin’s metabolism system) slows down, skin aging is accelerated.

Here’s another review of how skin aging works and the importance of EGF.

– Mechanism of skin aging –

Our skin renews itself in a cycle of about 45 days.
This is called the turnover time.

New skin is born in the deepest layer of the epidermis (the basal layer) and its “daughter cells” change shape to reach the surface stratum corneum and finally shed as plaque.

The turnover time increases with age.

– Necessity of EGF –

In order to make these “daughter cells”, basal cells require various “bioactive substances”.

The most important factor among them is the epidermal growth factor “EGF”.

This EGF decreases with age, leading to skin deterioration.

Therefore, actively supplementing EGF is essential for anti-aging because it can put the brakes on skin aging.

I hope you have understood the effectiveness and importance of EGF for skin aging that accelerates with age.

Again, this “EGF” is meaningless if its activity is not maintained, as its activity is very important!

Next time I’ll explain in more detail…