42.人工甘味料

コロナの影響なのか、巷では健康意識が高まりつつあるように感じます。

健康を意識する際に、特に重要とされるのが免疫力強化です。

そして、免疫力を維持する為に必要なのが、腸内環境を整えること。

 

以前のコラムでは、腸活の為の食事法などを紹介しましたが、
今回は、砂糖についてです。
皆様ご存知だと思いますが、砂糖(特に白砂糖)は、腸や血液を汚します。

 

しかしそれにも増して、絶対避けて頂きたいのが、果糖ブドウ糖液糖、アスパルテーム、アセスルファムkなどの「人工甘味料」です。

あらゆる加工食品、カロリーゼロ、糖質オフのソフトドリンクなどによく使用されています。

自然食店でさえも果糖ブドウ糖液糖入りの製品が並んでいたりしますので要注意です。

 

そこで、
人工甘味料が身体に入るとどうなるのかを、「腸の力であなたがかわる」からお伝え致します。

*ここでいう「果糖」は果物の糖ではなく人工甘味料のことです。

 

『果糖は肝臓にとって巨大な負荷だ。
肝臓は果糖を他の分子に変えるために、多くのエネルギーを使うことを余儀なくされ、他の機能に使うエネルギーが残らないというリスクを負う。

このエネルギーがなくなると、尿酸が生じるが、この尿酸が高血圧、痛風、腎結石に繋がる。
さらに果糖は、代謝を管理する2つの主要なホルモンである インスリンやレプチン を生成させるものではないため、果糖の多い食事は、肥満や代謝性疾患につながる。

 

人間の身体は人工甘味料を消化できない。
人工甘味料にカロリーがないというのはこれが理由である。
しかしそれでも、人工甘味料は消化器官を通らなければならない。

 

人工甘味料をいつも摂っている人の腸内細菌は、摂取していない人のものと明らかに様子が異なる。

人工甘味料を使っている人と、太っていて空腹時血糖値の高い人との相互関係もわかった。
空腹時血糖値が高いと健康に多くの悪影響がある。

 

1993年から6千万人を超える女性を追跡調査したところ、
砂糖入り飲料を摂取した女性よりも、
人工甘味料入りの飲料を摂取した女性の方が、糖尿病発症率が2倍を超えて高いことがわかったという。

 

2013年の『アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリジョン』に掲載された研究結果によると、多量の果糖により、細菌が腸から出て血流に入り、肝臓にダメージを与えるという。

「果糖の高濃度による何らかの理由で腸が守られなくなり、その結果、細菌が30%も多く(腸から)漏れ出しているようである」

この研究は動物実験(猿)をベースにして結論を導きだしているが、人間の腸でも同じ
ことが起きると考えられる。

 

人工甘味料は、肝臓にダメージ、糖尿病発症率が高くなる、細菌が腸から漏れ出す…。

 

さらに、人工甘味料は記憶力低下も引き起こします。

商品を購入する際は、裏の原材料をしっかりチェックしてから・・ですね。

 

****************************************************

カロリーゼロ飲料の摂取量とウエストの増加比

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*NEW*
KEIKO愛弟子の課題作品をご紹介しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★キーワード★

『人工甘味料は、〇〇にダメージ、糖尿病発症率が高くなる、細菌が腸から漏れ出す…。

○○に当てはまるキーワードを1ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

美肌ドリンク or 美肌ゼリー(864円相当)を進呈致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<岩永恵琴プロフィール>

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

<美容関係のオーナー様やスタッフの方が直接、KEIKOに肌相談をする事ができます>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<KEIKOビューティーコラム英語版>

 

1-42. “Artificial Sweeteners”

Perhaps it’s the impact of the coronavirus, but there seems to be an increase in health awareness in our society.

One of the most important aspects of health consciousness is a healthy immune system.

And what is needed to maintain the immune system is a healthy intestinal environment.

In a previous column, I introduced diet and other tips for maintaining a healthy intestine, but this time I’d like to talk about sugar.

As you may know, excessive consumption of sugar (especially white sugar) is very hard on the intestines and blood.

But even more importantly, what you should definitely avoid are “artificial sweeteners” such as fructose glucose, aspartame, and acesulfame k.

They are commonly used in all kinds of processed foods and calorie-free, sugar-free soft drinks.

Be aware that even natural food stores have products with fructose dextrose on their shelves.

So, I will tell you what happens when artificial sweeteners enter your body from the book, “The Power of Your intestine Will Change You”.

** The term “fructose” here refers to an artificial sweetener, not a fruit sugar. **

‘Fructose is a huge burden on the liver. The liver is forced to use so much energy to convert fructose into other molecules that it runs the risk of having no energy left to use for other functions.

The loss of this energy produces uric acid, which leads to high blood pressure, gout, and kidney stones. In addition, a diet high in fructose leads to obesity and metabolic disease because fructose does not produce insulin or leptin, the two main hormones that manage metabolism.

The human body cannot digest artificial sweeteners. This is the reason why artificial sweeteners have no calories. But still, the artificial sweeteners have to pass through the digestive system.

The intestinal bacteria of people who are always taking artificial sweeteners are noticeably different from those of people who don’t take them.

We also found an interrelationship between people who use artificial sweeteners and those who are overweight and have high fasting blood sugar levels. High fasting blood glucose levels have many negative effects on health.

They followed more than 60 million women since 1993 and found that the incidence of diabetes was more than twice as high in women who consumed artificially sweetened beverages than in those who consumed sugar-sweetened beverages.

According to a study in a journal, “The American Journal of Clinical Nutrition” published in 2013, high amounts of fructose allow bacteria to leave intestines and enter the bloodstream, damaging the liver.

“It appears that for some reason due to high fructose levels, intestines are no longer protected, and as a result, 30% more bacteria are leaking out of intestines.”

The study is based on animal studies (monkeys) to draw conclusions, but we can believe the same thing could happen in the human gut.’ (“The Power of Your intestine Will Change You”)

Artificial sweeteners damage the liver, increase the incidence of diabetes, and cause bacteria to leak out of intestines…’

In addition, artificial sweeteners can also cause memory loss.

When purchasing products, we want to check the ingredients on the back of the product.

****************************************************

The ratio of zero-calorie beverage intake to waist gain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー