66.安心な日焼け止め

  • 2021年4月20日
  • 未分類

 

紫外線が細胞に与える影響は計り知れません。

 

ですから、一年中紫外線対策をしたいものですが、
特にこれからの季節はマストです。

 

そこで、どのような製品を選択したらよいのか?

 

紫外線防御効果も重要ですが、
同時に、UVカット剤の肌への影響も視野に入れた上で、選択する必要があります。

 

私たちが目指すのは、安全で効果性の高い日焼け止めです。

 

紫外線を防ぐ材料の探索が長い間続けられ、
その結果として利用したのが、ルチル型酸化チタンと、酸化亜鉛の合わせ技です。

酸化チタンは優れた紫外線吸収剤ですが、アナターゼ型、ルチル型、ブルッカイト型があります。

紫外線吸収剤とは、いわゆる半導体で、、

半導体とは、エネルギー(光、熱、電気)を一定量しか通さず、一定量蓄える物質です。

蓄えられた物質は、別のエネルギーに変換されます。

なかでもルチル型が特に安全なエネルギー(熱など)に変換されることを突き止めた
我々は、

「安全な紫外線吸収剤」として利用しました。

これ以外の物質は、安全性がこれよりも低いために、避けたほうが無難と考えます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*NEW*
KEIKO愛弟子の課題作品をご紹介しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★キーワード★

『紫外線防御効果も重要ですが、
同時に、UVカット剤の〇への〇〇も視野に入れた上で、選択する必要があります。』

 

○○に当てはまるキーワードを1ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

200ポイントを進呈いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<岩永恵琴プロフィール>

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

<美容関係のオーナー様やスタッフの方が直接、KEIKOに肌相談をする事ができます>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー