8.肌荒れとストレス

肌荒れのもっとも大きな原因は

「ストレス」です。

なぜ人間の体は、ストレスを更に増幅させる方法で、ストレスを知らせるのでしょうか?

胃の荒れが、痛い口内炎になったり、精神的なストレスが、アトピーになったり。

 

理由の有力候補として、、

「危機管理システム」

なのではないかと考えます。

 

つまり、肌荒れよりももっと重大な「危機」が近づいていることを知らせているのではないか…

 

例えば、熱いものに触れれば熱いと感じ、仮に火傷をしたとしてもいずれは治癒します。
しかし、それ以上触れ続けていたら、致命的な大怪我になります。

いわゆる、それを知らせるための痛みと火傷。

 

肌荒れも、何か対処しなければならない最も重要な危機を知らせているのではないか…

いずれにしても、ストレスの要因をいち早く探し、取り除かなければならないのです。

 

ストレスには3つの種類があります
「環境ストレス」
「精神的ストレス」
「生物学的ストレス」

 

ある表面の栄養の循環を頼りに生活している生命にとって

そこに生じる「成分の変化」
が「最初のストレス」になり

それをきっかけに
「精神的ストレス」、
「生物学的ストレス」に発展し

肌における「トラブル」として現れます。

 

トラブルの根本的な原因はストレスで
栄養や保湿は対症療法にすぎないのですから、

そうしたトラブルは、局所的、対症療法的に対処したところで、
根本的な解決にはなりません。

 

そもそも、
流れている成分が間違っているからです。

適切な成分の適切な流れをつくり、その上で適切な共生社会をつくりなおす。

 

根本的な原因への対処法も含めてスキンケアと考え、

それが、 「スキンケアの総論」
であるべきです。

 

スキンケアを
「肌環境問題」と正しく捉え、

あらゆる原因とその対策を検討し、

より根本的、現実的なスキンケアを目指す。

科学論、生物論、のみならず、ストレスという観点から、愛や家族
それら全てに気を配ることによって

はじめて

肌も地球も、健全な状態を保つことが出来るのではないでしょうか。

 

そして、、個人的には…

我々の最大の敵である
「ストレス」から身を守る術として
日々の生活の中で実践する、

「抗酸化」「愛」が有効である
と考えます。

 

*****************************************

慢性的疲労がピークに達した時
馴染みの食材にもアレルギー反応が出て、全身に及んだ。
脳と体の休息と抗酸化により鎮静化

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★キーワード★

「ストレスから身を守る術として
日々の生活の中で実践する

○○○ と 愛 が有効である」

 

○に当てはまるキーワードを

1ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

お泊まりに便利な化粧水、美容液の1泊セット(1000円相当)を進呈致します。

岩永恵琴プロフィール

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KEIKOビューティーコラム英語版

 

1-8 “Skin trouble and Stress”

The biggest cause of skin trouble is,

“Stress”.

Why does the human body tell us the stresses in a way that further amplifies the stress?

A stomachache can lead to painful stomatitis, mental stress can lead to atopy.

One of the biggest reasons should be,

“Crisis management system”.

It may tell us that a more serious “crisis” than skin trouble is approaching to us…

For example, when you touch a hot pot, even if you get burned, your skin can be heal because you can feel too high temperature with pain.
However, if you keep touching it, it cause a catastrophic injury.

The pain we feel from a hot pot is to inform the crisis.

Skin trouble may tell us the more important crisis that needs to pay attention…

Either way, we need to quickly find and remove the causes of the stresses.

There are three types of stress
“Environmental stress”
“Mental stress”
“Biological stress”

For life living on the circulation of nutrients on a surface

The “changes in ingredients” causes“the first stress”

And then it causes “mental stress” and “biological stress” and appear as “skin troubles” on the skin.

Stress is the root cause of skin troubles, and nutrition and moisturizing are just symptomatic treatments. Not enough.

If such troubles were treated locally and symptomatically,
it can not be a fundamental solution.

Because the flowing component is wrong.

Create the right flow of the right ingredients, and then rebuild the right symbiotic environment.

Skin care, including how to deal with such the root causes.

The idea should be considered as “The general theory of the skin care”.

We want to consider skin care correctly as a “skin environmental problem”, examine all causes and solutions, and aim for more fundamental and realistic skin care.

From the perspective of Love and family as well as science and biology,
Only by paying attention to all conditions such as these,
we can keep health of the Skin and the Earth.

And personally…

I believe that “antioxidant” and “love” that we practice in our daily lives are effective ways to protect ourselves from “stress” which is our greatest enemy.

*****************************************

When chronic fatigue reached to the peaks
Allergic reactions also appeared even by familiar ingredients and spread throughout the body.
Relieved by the rest of the brain and the body and antioxidation