92.37℃

  • 2022年3月22日
  • 未分類

「冷えは万病の元」と言われますが、日本人の体温低下が深刻です。

 

さて、皆さんの平熱は何度ぐらいでしょうか。

学生の頃、37℃だと微熱があるから早退するように、と言われた記憶がありますが、、

なんと、戦前の日本人の平熱は、37℃だったというのです。

 

37℃は、
身体細胞の新陳代謝が活発で、免疫力も高く、
ほとんど病気もせず、健康で活動的な状態を保つ最適な温度なのだそうです。

 

ところがいまや多くの人が35.5℃近くの低体温というから驚きです。

低体温になると、免疫力が低下し、病気にかかりやすく、治りにくいのです。

さらに、体温が35℃まで下がると、がん細胞が盛んに増殖するとも言われています。

低体温は体の活力と免疫力を衰えさせてしまいます。

 

低体温の原因としては、

・季節外れの野菜や果物の摂取
・冷たい物や甘い物の食べ過ぎ
・朝食抜きや過食
・ストレスや運動不足
・夜行性
・冷暖房などを空気を加工している住環境

特に真弓先生は、冷暖房を指摘します。

 

日頃から体温が低い方は、
早寝早起き
食生活の見直し
運動
空調調節など、
出来ることから始めてみましょう。

 

また、シャワー派の方はゆっくり湯船に浸ることを習慣化してください。

コロナ禍で、一日中体温測定をしてしている毎日ですが、、

これを機にご自身の平熱をチェックして、生活習慣を見直し、
免疫力アップ!!

是非とも37℃を目指してみてください。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*NEW*
KEIKO愛弟子の課題作品をご紹介しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★キーワード★

「低体温の原因としては、特に真弓先生は、〇〇〇を指摘します。」

 

○○に当てはまるキーワードを1ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

プラセンコンク(400円相当)を進呈いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<岩永恵琴プロフィール>

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

<美容関係のオーナー様やスタッフの方が直接、KEIKOに肌相談をする事ができます>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー