93.アレルギーに負けないために

  • 2022年4月5日
  • 未分類

春爛漫、街中の桜に見惚れる毎日

反面、
花粉症が本格化し、お辛い方も多いのではないでしょうか。

日本のアレルギー人口は半数以上に及ぶ、とまで言われ、
アレルギー治療は困難を極めます。

しかしながら、
昔の日本にアレルギーというものはありませんでした。
なぜここまで増えてしまったのでしょうか。

戦後の食生活や環境の変化によるもの、
特に、私たち日本人に合っていない食べ物、、

アレルギー物質を避ける努力 や 症状を抑える為の治療もさながら、

「アレルギーにならない」
「アレルギーを改善できる」
身体づくりを目指していかなければ、
アレルギーを断ち切ることはできません。

 

ー内海聡先生のアレルギー改善論ー

・社会毒を徹底的に避ける。
(特に砂糖、果糖、精製穀類、牛乳、遺伝子組み換え作物、添加物、農薬など)

・身体にたまっている脂溶性毒やミネラル毒(重金属や放射性物質など)を徹底的に排出する。

・良い栄養と良いエネルギーの食べ物を摂取する。

・経皮毒に注意を払い、できる限り入れないようにする。

・静電気が多い繊維の服を着ないよう意識したり、高い電磁波を浴びないようにする。

・自分がアレルギーになっている結果や症状ではなく、原因は何かを考えるようにする。

 

また、水素・ケイ素を日常的に摂ることを推奨しています。

アレルギー物質が体内に入ってくると、身体は敵が攻めてきたと過剰反応し、炎症性ホルモンを過剰に出し、アレルギー反応を引き起こします。

その炎症性ホルモンの発生を抑えてくれるのが、「水素」です。

またその効果を更に倍増させ、傷ついた細胞を修復してくれるのが「ケイ素」です。

 

サロンのお客様でも水素・ケイ素を摂ることにより、アレルギー症状が改善されている方が多くおられます。

 

少しでもみなさまの症状が改善し、
快適な日々をお過ごしいただけますことを切に願い、

まずは出来ることから始めていただければと思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『KEIKOビューティーコラムを全て読む』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*NEW*
KEIKO愛弟子の課題作品をご紹介しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★キーワード★

「自分がアレルギーになっている結果や症状ではなく、○○は何かを考えるようにする。」

 

○○に当てはまるキーワードを1ヶ月以内に店頭でスタッフへお伝え頂きますと、

プラセンコンク(400円相当)を進呈いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<岩永恵琴プロフィール>

美容家歴45年 。改善コンテスト 優勝・準優勝 28回受賞。 2014年殿堂入り。10万人の肌を改善に導く。

<美容関係のオーナー様やスタッフの方が直接、KEIKOに肌相談をする事ができます>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー